自分の肌は自分で守ろう!素肌美容研究所は、素肌美を追求してきた実績を持つ研究所です。安全な化粧品、お肌が蘇るお手入れで、健康な素肌美を取りもどす場所です。

コンセプト

  • HOME »
  • コンセプト

コンセプト


「黒皮症」の撲滅から…。

素肌美110番グループは昭和50年前後、突如として 女性に襲い掛かった「黒皮症」の取り組みからスタートしました。化粧品による肌のトラブルで社会問題となった初めての出来事でした。
この原因の究明活動を続けていくうちに黒皮症の被害者の女性達との出会いが広がり、西譲二は一つのスローガンを掲げました。

 

「自分の肌は自分で守ろう!」

化粧品メーカーからの受け売り的知識やメーカーへの依存心を見直そうという「消費者意識の変革」の呼びかけでした。この呼びかけに共鳴した女性が全国から西譲二のもとに集まり勉強会が繰り返され、「消費者から目的と信念を持った美容の指導家へ」と転進していきました。女性の美に対する夢を打ち砕いた化粧品公害「黒皮症」から女性を救うために正しい知識を広め、安心な美容技術を確立する探究の始まりでした。

 

素肌のトレーニングセンター「素肌美110番」の誕生。


呼びかけに集まった多くの女性たちの学習の場と肌のお手入れの実践の場として1975年に素肌美容マリッジを設立。「素肌美110番」というキャッチフレーズを創り、素肌のトラブルの相談、苦情を受け付け、「健康な素肌美のため」の指導と手入れがスタートしました。その一方で化学合成で作られた化粧品を徹底排除する運動を続けながら、無害で有効な成分の研究と開発に着手し、動植物から抽出した成分による化粧品を拡充することに成功しました。この時点で現在の素肌美110番の基礎が成立することになりました。

他の業種でよく、◯◯110番というキャッチフレーズが使われていますが、
「110番」をこのように使ったのは日本では素肌美110番が初めてのことでした。
女性の健康な素肌美を愛おしむ熱い思いがあったからこそ、生まれたフレーズでした。
当時、このキャッチフレーズは強烈なインパクトを有し、救いを求める女性が相次ぎました。大阪新聞では「素肌美110番」を社会的な美容運動の担い手として「駆け込み寺」と表現しました。

 

国境を越え東アジア、韓国、台湾、中国へと。


「素肌美容」の活動は、素肌美容研究所と素肌美110番の相互の能力が仲良く混ざりあって行われています。どちらかが先になったり、後になったりしながら「素肌美容の世界」を創造しています。素肌美容研究所と素肌美110番は循環の関係なのです。例えば、『あなたの肌は犯されている』や『素肌!素肌!素肌!』などの書籍は素肌美110番の実践から蓄積された結晶なのです。その結晶を書籍出版することによってセンターの存在を知った女性が来社されます。この循環は化粧品作りと普及の関係にも生かされています。会社が二つあっても恒久的目的は一つなのです。実践の場としての「110番センター」を理論や技術や製品を研究開発する「研究所」(逆の流れもあります)が後ろ楯としてバックアップしている関係がそうです。

 


この循環関係の活動が高い評価となり国内に於いては支部や相談センターが全国各地で誕生し「素肌美容」の活動を展開しています。この評判が韓国、台湾へと繋がり、さらに「素肌美容」の活動は中国での書籍出版へと広がっています。

 

素肌を脅かす様々な環境問題への参加。

「素肌美110番は社会問題からスタートし、「健康な素肌美」を追求し続けてきました。スタート時点の黒皮症は姿を消しましたが、実は長い間、表面化しなかった社会問題となる種子が大きな実をつけて社会問題として騒がれるようになりました。

 


□オゾン層破壊の原因となるフロンガスの全廃、
□大気汚染の原因となるポリ塩化ビニル類の全廃
□水質汚染の原因となる自然破壊の中止、
□農薬や化学飼料から有機飼料への転換、
□砂漠化防止のための自然破壊の中止

など、活動は多くの分野や内容に及びます。これらの問題はそれぞれが切り離された問題ではなく、関連した複雑な構造になっています。
これらの環境問題と女性にとって命と言える程、たいせつな素肌との関係を皆さんはすでに気が付かれていることと思います。

 

素肌にとって

オゾン層の破壊は紫外線が増量し、シミ、色黒、皮膚癌などの原因となります。大気汚染は肌の抵抗力を弱め、アトピーや敏感肌の原因となります。農薬や化学飼料で栽培、飼育、加工された食物によって健康や精神を疎外することが起きてきます。このように環境問題は私たちの「素肌美容」にとっても深刻な問題となっています。今後、私たちは素肌美容研究所、素肌美110番そして多くの会員の方々と「素肌美容」の見地から環境問題に取り組んでいこうと考えています。

環境を改善する力、それは母の愛であるといえます。「母なる星」と称されるように地球は女性名詞です。女性の力はいつの世においても偉大なのですから、日常生活の中でも環境問題への意識を高め、具体的なアイデアを提案していきましょう!

 

「木から樹へ」、未来に残す 私の樹

地球に緑をプレゼントすることを考えています。
タイトルは「地球に千本の木プレゼント」です。

気持ちとしては2千本を目指したいのですが、皆さんはどう考えますか?
ご意見、お聞かせください。

主旨はやはり女性の素肌美を守るための環境問題からの活動としてです。なぜ、木かというと砂漠化、温暖化、異常気象、オゾン層の破壊などの原因が森林伐採により地球から緑を喪失し始めていることにあるのではと考えているからです。木がなければ草も生きられない。草もなければ緑に大切なエネルギーになる小さな生物も生きられない。森が豊かになれば水もきれいになり、海も豊かになる。森が海を育てていた、なんて知っていましたか?森の養分を水が運ぶ役割をしているのだから、当然、河川をきれいにしなければならならないんですが、私たちは緑を取り戻すことから始めようと計画しています。未来の女性たちの幸福を願って「木から樹へ」、素肌美110番は地球に緑を増やしていきます。

地球へプレゼント「私の樹」、あなたも参加してみませんか?

 

メール相談でのご相談・お問い合わせはこちらから

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 素肌美110番 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.